ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平塚市民病院

災害拠点病院 地域医療支援病院 神奈川県がん診療連携指定病院

サイトマップ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

0463-32-00150463-32-0015(代表)〒254-0065 神奈川県平塚市南原1-19-1

各部門のご紹介

臨床工学科

はじめに

1992年よりME機器中央管理室が発足し、現在臨床工学技士9名体制で、人工心肺、人工透析、人工呼吸器等の生命維持管理装置を操作し、患者さんの治療に貢献すべくがんばっております。

業務内容

大きく分けて生命維持管理装置(人工心肺、人工透析、人工呼吸器など)の操作を行う臨床業務とME機器(患者監視装置、人工呼吸器など)を安全に使ってもらうための保守・管理業務の2つに分けられます。

臨床業務
  1. 【人工心肺】
    心臓を手術するときに使う人工心肺装置の操作を行います。
  2. 【人工透析】
    腎臓の代わりをする透析装置の操作を行います。
  3. 【人工呼吸器】
    呼吸を行わせる人工呼吸器の操作を介助をします。
  4. 【心臓カテ-テル検査】
    心臓の検査や治療の時に使用するポリグラフ等の操作を行います。
  5. 【心臓ペースメーカー】
    ペースメーカー植込み介助、ペースメーカー外来でチェックを行います。
保守管理業務
  1. 【日常点検】
    人工呼吸器、患者監視装置、輸液ポンプ、シリンジポンプ、心電計など、使い終わると清拭及び点検を実施し、次の使用に備えます。
  2. 【定期点検】
    定期的にME機器の性能点検、機能点検を行います。

今現在、ME管理機器は487台あり、日常点検、定期点検を充実させ安全に使用が出来るよう心掛けています。以下に主なME管理機器を示します。 人工心肺、補助循環装置(PCPS)、大動脈バルーンパンピング(IABP)、人工透析、持続的血液ろ過装置(CHDF)、血液浄化装置、人工呼吸器、患者監視装置、除細動器、輸液ポンプ、シリンジポンプ、心電計、ペースメーカー、内視鏡、マイクロ等。

業務内容の詳細はこちらをご覧ください

スタッフ取得資格

臨床工学技士(9名)――厚生労働省管轄 国家資格
体外循環技術認定士(5名)――日本人工臓器、胸部外科、心臓血管外科、日本体外循環医学会認定資格
透析技術認定士(4名)――透析療法合同専門委員会認定資格
(日本腎臓、日本泌尿器科、日本人工臓器、日本移植、日本透析医学会)
呼吸療法認定士(2名)――胸部外科、呼吸器、麻酔3学会合同認定資格

臨床工学技士養成施設臨床実習受け入れ状況

東京工科大学、帝京平成大学、日本工学院専門学校、読売理工医療福祉専門学校、帝京短期大学の学生実習を受け入れています。

各部門のご紹介
平塚市民病院ご案内

休診日 土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)

0463-32-0015

〒254-0065
神奈川県平塚市南原1-19-1

交通アクセス/MAP