ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平塚市民病院

災害拠点病院 地域医療支援病院 神奈川県がん診療連携指定病院

サイトマップ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

0463-32-00150463-32-0015(代表)〒254-0065 神奈川県平塚市南原1-19-1

各部門のご紹介

臨床工学科/業務内容

人工心肺

人工心肺の写真

心臓を手術するには、心臓を止めなければなりません。止めている間、心臓と肺の働きを代行する装置が必要になります。この装置が人工心肺と言います。この装置を操作するのは、臨床工学技士が行いますが、特にこの方面のエキスパートは、体外循環技術認定士と呼ばれます。

人工透析

人工透析の写真

腎臓が悪くなると、おしっこが出なくなり、老廃物も出なくなります。この腎臓の代わりをする器械が透析装置です。この装置を操作し3時間か4時間で体の中に溜まった老廃物を除去します。この透析業務のほかに、血液を浄化する血漿交換や、血漿吸着等の業務も行っています。上位資格に透析技術認定士があります。

人工呼吸器

人工呼吸器の写真

呼吸が出来ない人の呼吸を助けてあげるのが、人工呼吸器です。この装置のセットアップを介助したり、呼吸器が問題なく安全に動いているか、などをチェックして病棟を回っています。また2週間に1回は、呼吸回路の交換もしています。上位資格に呼吸療法認定士があります。

心臓カテーテル検査

心臓カテーテル検査の写真

心臓を検査する時に、心電図や血圧を測定します。この時に使用するのが、ポリグラフという装置です。この装置を操作し圧情報等を記録します。また冠動脈の治療のときは、この装置で患者さまの心電図や血圧を監視します。

心臓ペースメーカー

心臓ペースメーカーの写真

ペースメーカーを植込みする時に心臓の中に入れるリード線が適切な場所にあるかなどをアナライザーという機器を使用してチェックします。また植込みをしたあと患者さんのペースメーカーは、プログラマーという機器を使用し外来にて定期的にチェックします。

日常点検

人工呼吸器、心電図モニター、輸液ポンプ、シリンジポンプ、パルスオキシメーターなどのME機器が使い終わるとME室に返却されます。返却後は使用後点検を実施し、またいつでも使える状態にしておきます。事故のない安全なME機器の取り扱いには、点検は欠かせません。

定期点検

定期点検の写真

日常点検をしているME機器に加え、補助循環装置、透析装置、除細動器などのME機器は、定期的に性能点検を実施しています。この点検は少し時間をかけて行います。このようなME関連業務の上位資格に臨床ME専門士という資格があります。

各部門のご紹介
平塚市民病院ご案内

休診日 土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)

0463-32-0015

〒254-0065
神奈川県平塚市南原1-19-1

交通アクセス/MAP