ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平塚市民病院

災害拠点病院 地域医療支援病院 神奈川県がん診療連携指定病院

サイトマップ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

0463-32-00150463-32-0015(代表)〒254-0065 神奈川県平塚市南原1-19-1

当院について

平塚市民病院 病院指標

平塚市民病院の理念と基本方針

平成29年度 平塚市民病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 962 246 208 346 682 647 1371 2188 1739 459
・70才以上の割合が全体の約半数を占めています。
・70才~79才の入院患者が最も多くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340XX03X00X 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 88 10.18 11.06 0.00% 72.45
060050XX97X0XX 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術処置2 なし 60 9.23 11.74 0.00% 75.22
060020XX04X0XX 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術処置2 なし 52 8.50 9.02 1.92% 75.90
060102XX99XXXX 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 45 9.47 7.89 0.00% 64.60
060140XX97X00X 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 41 10.39 10.93 7.32% 72.29
上位5位までの疾患を見た指標
①胆管結石・胆管炎 ②肝臓がんなど ③胃がんなど ④憩室性疾患 ⑤胃十二指腸潰瘍
①~⑤の治療を受けた患者の平均年齢は①72.45歳、②75.22歳、③75.90歳、④64.60歳、⑤72.29歳
全国的な平均入院期間は①11.06日(当院10.18日)、②11.74日(当院9.23日)、③9.02日(当院8.50日)、
④7.89日(当院9.47日)、⑤10.93日(当院10.39日)であった。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335XX02000X 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術処置1 なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 51 6.76 7.61 0.00% 65.69
050170XX03000X 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術処置1 なし、1あり 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 43 4.42 5.85 0.00% 74.72
060035XX01000X 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術処置1 なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 40 13.90 15.92 2.50% 72.68
060150XX03XXXX 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 39 5.26 5.60 0.00% 36.87
060330XX02XXXX 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 39 5.21 6.82 0.00% 55.15
上位5位までの疾患を見た指標
①胆嚢水腫、胆嚢炎など ②閉塞性動脈疾患 ③大腸がん ④虫垂炎 ⑤胆嚢結石など
①~⑤の治療を受けた患者の平均年齢は①65.69歳、②74.72歳、③72.68歳、④36.87歳、⑤55.15歳
全国的な平均入院期間は①7.61日(当院6.76日)、②5.85日(当院4.42日)、③15.92日(当院13.90日)、
④5.60日(当院5.26日)、⑤6.82日(当院5.21日)であった。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090XXXXXX0X 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 157 5.52 6.02 0.64% 1.73
010230XX99X00X てんかん 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 62 3.61 7.12 1.61% 2.61
150010XXXXX0XX ウイルス性腸炎 手術処置2 なし 60 3.58 5.50 0.00% 3.32
140010X199X00X 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 42 7.62 6.18 0.00% 0.00
040100XXXXX00X 喘息 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 37 3.78 6.42 2.70% 3.73
上位5位までの疾患を見た指標
①気管支炎 ②てんかん ③ウイルス性腸炎 ④妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 ⑤喘息
①~⑤の治療を受けた患者の平均年齢は①1.73歳、②2.61歳、③3.32 ④0.00歳、⑤3.73歳
全国的な平均入院期間は①6.02日(当院5.52日)、②7.12日(当院3.61日)、③5.50日(当院3.58日)、
④6.18日(当院7.62日)、⑤6.42日(当院3.78日)であった。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130XX99000X 心不全 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 171 18.96 17.95 4.09% 82.15
050050XX02000X 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術処置1 なし、1,2あり 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 112 4.54 4.71 0.89% 68.86
050050XX99100X 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術処置1 1あり 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 106 3.45 3.06 0.94% 70.98
050030XX97000X 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術処置1 なし、1あり 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 62 12.27 13.02 3.23% 68.81
050130XX9910XX 心不全 手術なし 手術処置1 1あり 手術処置2 なし 36 11.42 15.90 5.56% 70.92
上位5位までの疾患を見た指標
①心不全 ②冠動脈疾患(狭心症など) ③冠動脈疾患(狭心症など) ④心筋梗塞 ⑤心不全
①~⑤の治療を受けた患者の平均年齢は①82.15歳、②68.86歳、③70.98歳、④68.81歳、⑤70.92歳
全国的な平均入院期間は①17.95日(当院18.96日)、②4.71日(当院4.54日)、③3.06日(当院3.45日)、
④13.02日(当院12.27日)、⑤15.90日(当院11.42日)であった。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 52 12.62 12.43 0.00% 75.56
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 50 25.82 21.25 22.00% 87.30
0400801499X003 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア3 36 25.72 17.43 13.89% 88.08
0400801499X002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア2 35 18.11 15.29 20.00% 82.54
180010X0XXX0XX 敗血症(1歳以上) 手術処置2 なし 16 13.69 19.24 6.25% 75.13
上位5位までの疾患を見た指標
①尿路感染症など ②誤嚥性肺炎 ③④肺炎 ⑤敗血症
①~⑤の治療を受けた患者の平均年齢は①75.56歳、②87.30歳、③88.08歳、④82.54歳、⑤75.13歳
全国的な平均入院期間は①12.43日(当院12.62日)、②21.25日(当院25.82日)、③17.43日(当院25.72日)、
④15.29日(当院18.11日)、⑤19.24日(当院13.69日)であった。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800XX01XXXX 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 156 29.07 27.63 46.15% 81.46
160760XX97XX0X 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 49 3.65 5.49 0.00% 46.35
160835XX01XX0X 下腿足関節周辺骨折 骨折経皮的鋼線刺入固定術 前腕、下腿等 定義副傷病 なし 31 20.03 23.54 12.90% 49.94
160620XX01XXXX 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 30 9.07 11.91 0.00% 38.00
160700XX97XX0X 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術あり 定義副傷病 なし 30 3.63 5.86 0.00% 48.70
上位5位までの疾患を見た指標
①大腿骨頚部骨折 ②前腕骨折 ③脛骨腓骨遠位端骨折 ④半月板損傷など ⑤鎖骨骨折 
①~⑤の治療を受けた患者の平均年齢は①81.46歳、②46.35歳、③49.94歳、④38.00歳、⑤48.70歳
全国的な平均入院期間は①27.63日(当院29.07日)、②5.49日(当院3.65日)、③23.54日(当院20.03日)、
④11.91日(当院9.07日)、⑤5.86日(当院3.63日)であった。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060XX01XXXX 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 91 9.35 10.05 0.00% 43.24
12002XXX99X40X 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術処置2 4あり 定義副傷病 なし 71 3.94 5.12 0.00% 59.68
120070XX02XXXX 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 67 7.64 6.42 0.00% 40.40
120010XX99X50X 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術処置2 5あり 定義副傷病 なし 55 3.96 4.92 0.00% 57.75
120100XX01XX0X 子宮内膜症 子宮全摘術等 定義副傷病 なし 33 9.45 7.92 0.00% 42.15
上位5位までの疾患を見た指標
①子宮筋腫など ②子宮がん ③卵巣のう腫など ④子宮がん ⑤子宮内膜症
①~⑤の治療を受けた患者の平均年齢は①43.24歳、②59.68歳、③40.40歳、④57.75歳、⑤42.15歳
全国的な平均入院期間は①10.05日(当院9.35日)、②5.12日(当院3.94日)、③6.42日(当院7.64日)、
④4.92日(当院3.96日)、⑤7.92日(当院9.45日)であった。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070XX0200XX 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術処置1 なし 手術処置2 なし 75 5.63 7.44 2.67% 75.01
11012XXX020X0X 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術処置1 なし 定義副傷病 なし 55 4.76 5.83 0.00% 66.15
110200XX04XXXX 前立腺肥大症等 経尿道的レーザー前立腺切除術 48 5.33 7.78 0.00% 71.19
110420XX97XX0X 水腎症(その他) その他の手術あり 定義副傷病 なし 35 3.43 5.33 2.86% 73.60
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 20 8.35 12.43 15.00% 76.55
上位5位までの疾患を見た指標
①膀胱がん ②上部尿路結石 ③前立腺肥大症 ④水腎症 ⑤尿路感染症など
①~⑤の治療を受けた患者の平均年齢は①75.01歳、②66.15歳、③71.19歳、④73.60歳、⑤76.55歳
全国的な平均入院期間は①7.44日(当院5.63日)、②5.83日(当院4.76日)、③7.78日(当院5.33日)、
④5.33日(当院3.43日)、⑤12.43日(当院8.35日)であった。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100XX97X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 54 9.67 9.87 14.81 70.50
160100XX99X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 54 5.46 7.52 7.41 65.59
010060X2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 30 17.70 16.54 46.67 71.73
010020X001X0XX くも膜下出血、破裂脳動脈瘤(JCS10未満) 脳動脈瘤流入血管クリッピング(開頭して行うもの)等 手術処置2 なし 15 43.53 32.72 40.00 66.20
010040X099X00X 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 15 23.93 19.35 73.33 69.87
上位5位までの疾患を見た指標
①②頭部外傷 ③脳梗塞 ④くも膜下出血 ⑤頭蓋内血腫
①~⑤の治療を受けた患者の平均年齢は①70.50歳、②65.59歳、③71.73歳、④66.20歳、⑤69.87歳
全国的な平均入院期間は①9.87日(当院9.67日)、②7.52日(当院5.46日)、③16.54日(当院17.70日)、
④32.72日(当院43.53日)、⑤19.35日(当院23.93日)であった。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428XXXXXXXX 突発性難聴 39 9.51 9.37 0.00% 61.21
030240XX99XXXX 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 24 4.71 5.50 0.00% 40.38
030430XX97XXXX 滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 手術あり 23 2.30 3.32 0.00% 3.52
030350XXXXXXXX 慢性副鼻腔炎 22 7.91 7.47 0.00% 46.41
030390XX99XXXX 顔面神経障害 手術なし 20 10.15 9.60 0.00% 56.55
上位5位までの疾患を見た指標
①突発性難聴 ②扁桃炎など ③中耳炎 ④慢性副鼻腔炎 ⑤顔面神経障害
①~⑤の治療を受けた患者の平均年齢は①61.21歳、②40.38歳、③3.52歳、④46.41歳、⑤56.55歳
全国的な平均入院期間は①9.37日(当院9.51日)、②5.50日(当院4.71日)、③3.32日(当院2.30日)、
④7.47日(当院7.91日)、⑤9.60日(当院10.15日)であった。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020XXXXXXXX 帯状疱疹 64 8.06 8.96 0.00% 72.78
080011XX99XXXX 急性膿皮症 手術なし 60 10.32 11.97 1.67% 65.95
080007XX010XXX 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術処置1 なし 20 2.40 4.28 0.00% 51.95
080006XX01X0XX 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術処置2 なし 14 4.57 8.78 0.00% 79.71
080011XX970XXX 急性膿皮症 手術あり 手術処置1 なし 12 10.42 18.22 0.00% 49.17
上位5位までの疾患を見た指標
①帯状疱疹 ②蜂巣炎など ③脂肪種など ④皮膚がん ⑤蜂巣炎など
①~⑤の治療を受けた患者の平均年齢は①72.78歳、②65.95歳、③51.95歳、④79.71歳、⑤49.17歳
全国的な平均入院期間は①8.96日(当院8.06日)、②11.97日(当院10.32日)、③4.28日(当院2.40日)、
④8.78日(当院4.57日)、⑤18.22日(当院10.42日)であった。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 25 29.80 21.25 16.00% 82.16
040040XX9910XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術処置1 あり 手術処置2 なし 22 6.00 3.68 0.00% 74.59
040110XXXXX0XX 間質性肺炎 手術処置2 なし 16 27.31 19.92 6.25% 75.63
040040XX99040X 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 4あり 定義副傷病 なし 12 11.83 12.35 0.00% 76.17
0400801499X003 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア3 10 29.20 17.43 0.00% 86.90
上位5位までの疾患を見た指標
①誤嚥性肺炎 ②肺がん ③間質性肺炎 ④肺がん ⑤肺炎等
①~⑤の治療を受けた患者の平均年齢は①82.16歳、②74.59歳、③75.63歳、④76.17歳、⑤86.90歳
全国的な平均入院期間は①21.25日(当院29.80日)、②3.68日(当院6.00日)、③19.92日(当院27.31日)、
④12.35日(当院11.83日)、⑤17.43日(当院29.20日)であった。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060X2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 30 16.93 16.54 30.00% 70.87
010040X099X00X 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 13 20.85 19.35 61.54% 68.62
010110XXXXX40X 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術処置2 4あり 定義副傷病 なし - - 18.04 - -
010060X2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 4あり 定義副傷病 1あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 18.76 - -
010230XX99X00X てんかん 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし - - 7.12 - -
上位5位までの疾患を見た指標
①脳梗塞 ②頭蓋内血腫 ③免疫介在性・炎症性ニューロパチー ④脳梗塞 ⑤てんかん
①~②の治療を受けた患者の平均年齢は①70.87歳、②68.62歳
全国的な平均入院期間は①16.54日(当院16.93日)、②19.35日(当院20.85日)、③18.04日、
④18.76日、⑤7.12日であった。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080XX01010X 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術処置1 なし 手術処置2 1あり 定義副傷病 なし 31 29.39 24.70 6.45% 74.61
050050XX0101XX 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術処置1 なし 手術処置2 1あり 18 22.94 23.36 0.00% 69.11
050130XX99000X 心不全 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 13 9.62 17.95 0.00% 79.15
050163XX03X0XX 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術処置2 なし 11 22.36 12.74 9.09% 76.73
050161XX97X10X 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術処置2 1あり 定義副傷病 なし - - 28.23 - -
上位5位までの疾患を見た指標
①弁膜症 ②冠動脈疾患(狭心症など) ③心不全 ④非破裂性大動脈瘤 ⑤解離性大動脈瘤
①~④の治療を受けた患者の平均年齢は①74.61歳、②69.11歳、③79.15歳、④76.73歳
全国的な平均入院期間は①24.70日(当院29.39日)、②23.36日(当院22.94日)、③17.95日(当院9.62日)、
④12.74日(当院22.36日)、⑤28.23日であった。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010XX03X0XX 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術処置2 なし 59 4.25 6.59 0.00% 61.92
090010XX02X0XX 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術処置2 なし 20 7.50 10.30 0.00% 55.80
090010XX01X0XX 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術処置2 なし 16 7.88 11.57 0.00% 59.44
090010XX99X40X 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術処置2 4あり 定義副傷病 なし 10 2.40 4.64 0.00% 51.20
090010XX99X00X 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし - - 9.39 - -
上位5位までの疾患を見た指標
①~⑤乳がん
①~④の治療を受けた患者の平均年齢は①61.92歳、②55.80歳、③59.44歳 ④51.20歳
全国的な平均入院期間は①6.59日(当院4.25日)、②10.30日(当院7.5日)、③11.57日(当院7.88日)、
④4.64(当院2.40日)、⑤9.39日であった。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070XXXXX00X 薬物中毒(その他の中毒) 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 24 2.38 3.64 16.67 45.17
160100XX99X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 16 3.00 7.52 6.25 54.31
160100XX97X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 12 2.50 9.87 0.00 62.50
050210XX99020X 徐脈性不整脈 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 2あり 定義副傷病 なし - - 11.28 - -
160400XX99X0XX 胸郭・横隔膜損傷 手術なし 手術処置2 なし - - 9.25 - -
上位5位までの疾患を見た指標
①薬物中毒 ②③頭部外傷 ④徐脈性不整脈 ⑤胸郭・横隔膜損傷
①~③の治療を受けた患者の平均年齢は①45.17歳、②54.31歳、③62.50歳
全国的な平均入院期間は①3.64日(当院2.38日)、②7.52日(当院3.00日)、③9.87日(当院2.50日)、④11.28日、⑤9.25日であった。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007XX010XXX 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術処置1 なし - - 4.28 - -
020230XX97X0XX 眼瞼下垂 手術あり 手術処置2 なし - - 3.44 - -
180060XX97XXXX その他の新生物 手術あり - - 6.76 - -
070570XX012XXX 瘢痕拘縮 瘢痕拘縮形成手術 手術処置1 2あり - - 11.39 - -
160200XX0200XX 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術処置1 なし 手術処置2 なし - - 5.80 - -
上位5位までの疾患を見た指標
①骨軟部腫瘍 ②眼瞼下垂 ③皮膚腫瘍 ④瘢痕 ⑤顔面損傷
全国的な平均入院期間は①4.28日、②3.44日、③6.76日、④11.39日、⑤5.80日であった。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040XX97X0XX 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術処置2 なし 10 14.30 12.73 0.00% 73.40
040040XX99040X 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 4あり 定義副傷病 なし - - 12.35 - -
040040XX9908XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 8あり - - 12.01 - -
040040XX9910XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術処置1 あり 手術処置2 なし - - 3.68 - -
010010XX99030X 脳腫瘍 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 3あり 定義副傷病 なし - - 9.60 - -
上位5位までの疾患を見た指標
①~⑤肺がん
①の治療を受けた患者の平均年齢は①73.40歳
全国的な平均入院期間は①12.73日(当院14.30日)、②12.35日、③12.01日、④3.68日、⑤9.60日であった。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 62 14 10 24 22 23 1 7
大腸癌 47 43 45 9 39 57 1 7
乳癌 41 49 8 2 7 19 1 7
肺癌 9 2 5 32 24 40 1 7
肝癌 8 10 7 6 7 57 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌と呼ばれる胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんの人数を、
初期癌(StageⅠ)から進行癌(StageⅣ)の分類別、及び再発に
分けて集計したものです。
大腸癌の患者数が最も多く、次いで肺癌と胃癌となっています。
胃癌・大腸癌については、病期に適した治療法として、患者さんの負担の少ない内視鏡的手術、腹腔鏡下手術を積極的に行っています。
乳癌については、乳癌健診等の普及による早期発見・早期治療が可能となり、
手術、薬物療法、放射線療法など複数の治療法を組み合わせ、病気の性状や進行度を考慮し治療計画を立てています。
肺癌については、Ⅰ期、またⅢ期、Ⅳ期といった進行した癌が多く、進行度により手術や化学療法、放射線療法を行っています。
肝癌については、内科、外科、放射線科と連携し患者さんの病状に合わせた集学的治療を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 3 8.33 56.33
中等症 134 18.70 77.85
重症 81 23.95 86.22
超重症 23 26.65 86.87
不明 0 0.00 0.00
A-DROPスコアを用いて判断しています。
《A-DROPスコア》
・男性70歳以上 女性75歳以上
・BUN21mg/dL以上又は脱水あり
・SpO2 90%以下(PaO2  60Torr以下)
・意識障害あり
・血圧(収縮期)90mmHg以下  
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 173 23.02 74.50 38.95
その他 17 15.47 67.65 1.58
脳梗塞による入院患者数が最も多く、その中でも発症3日以内の急性期脳梗塞の診断、治療の症例が多くなっています。
当院は脳神経外科、神経内科、リハビリテーション科がチームを組み、随時入院加療が可能な脳卒中センターを併設しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 94 1.28 3.98 0.00 61.62
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 68 1.00 2.96 1.47 67.49
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 51 4.69 10.84 1.96 73.29
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 48 1.10 2.31 0.00 61.19
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 43 1.23 1.70 0.00 74.33
①主に胆のう結石症等に対する腹腔鏡的処置症例
②鼡径ヘルニアの外科的処置症例
③主に大腸癌の腹腔鏡的処置症例
④鼡径ヘルニアの腹腔鏡的処置症例
⑤四肢の閉塞性動脈硬化症に対する外科的処置症例
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 121 4.19 10.87 3.31% 76.61
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 75 1.08 5.59 0.00% 67.91
K654 内視鏡的消化管止血術 71 1.79 14.41 9.86% 74.14
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 65 1.25 8.86 1.54% 75.45
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 61 2.48 3.03 0.00% 69.85
①主に胆管狭窄・閉塞性黄疸等に対する内視鏡的処置症例
②主に早期大腸癌等に対する内視鏡的処置症例
③主に消化管出血等に対する内視鏡的処置症例
④主に悪性腫瘍に対する栄養血管の塞栓処置症例
⑤主に大腸良性腫瘍等に対する内視鏡的処置症例
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) など 126 2.39 22.02 34.13% 74.52
K0462 骨折観血的手術(前腕) など 85 2.06 9.59 4.71% 53.54
K0811 人工骨頭挿入術(股) 62 2.97 24.32 53.23% 81.90
K0463 骨折観血的手術(足) など 49 1.76 7.92 2.04% 53.16
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(下腿) など 37 1.08 1.76 0.00% 38.84
①主に大腿骨骨折等に対する外科的処置症例
②主に前腕骨折等に対する外科的処置症例
③主に股関節骨折等に対する外科的処置症例
④主に足の骨折に対する、外科的処置症例
⑤主に前腕・下腿に対する、内副子の抜去等に対する外科的処置症例
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 91 1.00 1.10 0.00% 41.55
K877 子宮全摘術 85 1.06 8.06 0.00% 47.22
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 83 0.96 5.70 0.00% 40.29
K8721 子宮筋腫摘出(核出)術(腹式) 25 1.00 7.92 0.00% 36.64
K879 子宮悪性腫瘍手術 18 2.50 11.67 0.00% 56.56
①主に子宮頚部異形成病変等に対する外科的処置症例
②主に子宮腫瘍等に対する外科的処置症例
③主に卵巣腫瘍等に対する腹腔鏡的処置症例
④主に子宮筋腫等に対する外科的処置症例
⑤主に子宮腫瘍等に対する外科的処置症例
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 76 1.59 3.12 2.63% 75.16
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 61 0.66 3.93 3.28% 73.97
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 50 1.18 2.60 0.00% 65.32
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザーを用いるもの) 47 1.13 3.21 0.00% 71.26
K865-2 腹腔鏡下仙骨腟固定術 34 1.41 5.65 0.00% 71.29
①主に膀胱腫瘍等に対する経尿道的処置症例
②主に尿管狭窄等に対する経尿道的処置症例
③主に尿路結石等に対する経尿道的処置症例
④主に前立腺肥大症等に対する経尿道的処置症例
⑤子宮脱、経腟膀胱脱等に対する腹腔鏡的症例
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 104 1.39 2.72 0.00% 68.50
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 37 0.14 11.41 0.00% 70.14
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 25 0.64 14.52 4.00% 69.36
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 22 7.73 9.68 4.55% 77.09
K5462 経皮的冠動脈形成術(不安定狭心症に対するもの) - - - - -
①主に冠動脈狭窄等、労作性狭心症に対する経皮的処置症例
②③主に狭心症、急性下壁心筋梗塞に対する経皮的処置症例
④主に洞不全症候群、心房細動、第2度・3度変房ブロック等に対する外科的症例
⑤主に労作性狭心症や急性前壁心筋梗塞に対する経皮的処置症例
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 222 1.00 1.04 0.00% 74.90
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
主に白内障等に対する外科的処置症例
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭による) など 41 1.54 10.68 21.95% 78.41
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 24 1.00 43.29 54.17% 71.46
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 15 7.80 31.33 20.00% 66.73
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの) 10 0.20 36.80 60.00% 72.60
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - -
①主に硬膜下血腫等に対する外科的処置症例
②主に脳動脈瘤に対する外科的処置症例
③主に脳内腫瘍等に対する外科的処置症例
④主に脳内血腫等に対する外科的処置症例
⑤内頸動脈狭窄症に対する外科的処置症例
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 32 0.41 1.44 0.00% 5.56
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 23 1.00 6.00 0.00% 26.17
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 14 0.36 4.14 0.00% 43.93
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 13 1.00 5.85 0.00% 42.54
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) - - - - -
①主に中耳炎等に対する外科的処置症例
②③主に扁桃炎等に対する外科的処置症例
④⑤主に副鼻腔炎等に対する内視鏡的処置症例
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5541 弁形成術(1弁のもの) 32 9.19 24.88 12.50% 73.03
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの)(2吻合以上のもの) 22 12.14 23.95 0.00% 68.77
K5611 ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 17 6.53 15.24 0.00% 75.00
K5522 冠動脈バイパス移植術(2吻合以上) など 11 4.64 25.36 0.00% 73.45
K5542 弁形成術(2弁のもの) - - - - -
①主に大動脈弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症等に対する外科的処置症例
②④主に狭心症・心筋梗塞等に対する外科的処置症例
③主に胸部大動脈瘤、大動脈解離等に対する外科的処置症例
⑤主に連合弁膜症、僧帽弁狭窄症、閉鎖不全症に対する外科的処置症例
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 59 1.00 2.25 0.00 61.92
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 19 2.68 7.68 0.00 57.63
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))) - - - - -
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの) - - - - -
K4742 乳腺腫瘍摘出術(長径5センチメートル以上) - - - - -
①~④主に乳癌等に対する外科的処置症例
⑤主に乳腺腫瘤、乳腺腫瘍に対する外科的処置症例
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 16 0.38 4.00 0.00% 79.38
K0052 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝以上,4㎝未満) 10 0.10 1.30 0.00% 47.60
K0062 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝以上,6㎝未満) 10 0.10 1.00 0.00% 54.50
K0063 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6㎝以上,12㎝未満) - - - - -
K0051 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝未満) - - - - -
①主に皮膚癌等に対する外科的処置症例
②~⑤主に皮膚腫瘍等に対する外科的処置症例
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0064 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径12㎝以上) - - - - -
K0063 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6㎝以上,12㎝未満) - - - - -
K2193 眼瞼下垂症手術(その他のもの) - - - - -
K0051 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝未満) - - - - -
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
①②④主に皮膚腫瘍等に対する外科的処置症例
③主に眼瞼下垂に対する外科的処置症例
⑤主に皮膚がんに対する外科的処置症例
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 11 12.00 19.82 18.18% 72.91
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
- - - - -
①末期腎不全に対する経皮的処置症例
②主に消化管出血等に対する内視鏡的処置症例
③主に大腸良性腫瘍等に対する内視鏡的処置症例
④誤嚥性肺炎に対する外科的処置症例
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度のもの) 15 0.00 26.80 0.00% 0.00
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) 13 0.00 1.69 0.00% 1.15
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度のもの) - - - - -
K331 鼻腔粘膜焼灼術 - - - - -
K384-2 深頸部膿瘍切開術 - - - - -
①新生児の仮死に対する処置症例
②腸重積症に対する処置症例
③新生児の仮死に対する処置症例
④鼻出血に対する処置症例
⑤深頸部膿瘍に対する処置症例
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 - - - - -
K0003ロ 創傷処理(筋肉、臓器に達するもの(長径10センチメートル以上)(その他のもの)) - - - - -
K5091 気管支異物除去術(直達鏡によるもの) - - - - -
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) - - - - -
K637-2 経皮的腹腔膿瘍ドレナージ術 - - - - -
①蘇生に成功した心停止に対する外科的処置症例
②顔面挫創、頭部外傷等に対する外科的処置症例
③気管支異物等に対する内視鏡的症例
④腸腰筋血腫に対する経皮的処置症例
⑤腹腔内膿瘍等に対する経皮的症例
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) - - - - -
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 - - - - -
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他のもの) - - - - -
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) - - - - -
①④主に肺癌等に対する外科的処置症例
②主に根治術が不能な肺腫瘍等に対する外科的処置症例
③主に肺腫瘍等に対する外科的処置症例
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K6101 動脈吻合術(頭蓋内動脈) - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
K620 下大静脈フィルター留置術 - - - - -
①主に消化管出血等に対する内視鏡的処置症例
②筋委縮性側索硬化症に対する外科的処置症例
③脳動脈狭窄、閉塞等に対する外科的処置症例
④膵体尾部癌術後、短腸症候群等に対する外科的処置症例
⑤下肢静脈血栓症、下大静脈血栓症に対する外科的処置症例
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 - - - - -
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)) - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
①気管切開処置症例
②主に肺腫瘍等に対する外科的処置症例
③膵体尾部癌術後、短腸症候群等に対する外科的処置症例
④主に消化管出血等に対する内視鏡的処置症例
⑤誤嚥性肺炎に対する外科的処置症例
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 20 0.23
異なる 17 0.19
180010 敗血症 同一 34 0.38
異なる 20 0.23
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.01
異なる 1 0.01
180040 手術・処置等の合併症 同一 42 0.47
異なる 6 0.07
入院の重症合併症として代表的な傷病名の該当患者を集計しています。
更新履歴
2018年9月28日
掲載