心室中離穿窄庄(VSP)手術(SAVE手術)

特徴・症状

心筋梗塞の後、心臓の部屋と部屋の間(左室と右室の間)の筋肉が腐って孔が開き、重症の心不全に陥り、致命的な病気です。

治療方法

心筋梗塞に陥り、腐って孔が開いて部分は脆く、縫っても再び孔が開く危険があります。生き残った健常な心臓の筋肉に新しいパッチを縫い付けることで、確実に孔の交通を遮断し、左心室の形を新しく形成する手術です。

このページの先頭へ戻る

お問い合わせ

平塚市民病院
〒254-0065
神奈川県平塚市南原1-19-1