僧帽弁狭窄症

特徴・症状

心臓には4つの部屋がありますが、部屋と部屋の間に弁という血液が逆流しないように交通整理している膜があります。その一つである僧帽弁(左心房から左心室への通り道にある弁)が固くなって動かなくなり、通り道が狭くなるために起こる病気です。
心臓の中で血液の流れが悪くなる結果、心臓と肺に常に負担がかかった状態になります。
治療しないと、呼吸不全や心不全を繰り返し、普通の生活に支障がでることになります。心不全を繰り返している内に、いずれ命に拘わります。また、狭くなることによる負担が心臓にかかり続けると心房細動という不整脈になり、心臓の中に血栓ができます。これが脳に流れて血管がつまると脳梗塞を起こして命に拘わります。

僧帽弁狭窄症

正常の僧帽弁

治療方法

治療には、手術が必要です。僧帽弁の手術にはもともとの弁を縫って治す弁形成術と、人工弁を入れる手術があります。僧帽弁狭窄症の場合は、多くは人工弁を入れる必要があります。人工弁は機械弁と生体弁があります。生体弁は抗凝固剤が不要で食事の制限が少ない利点がありますが、耐久性がなく10~15年で再手術が必要なことがあります。機械弁は耐久性がありますが、血栓防止の抗凝固剤を飲む必要があり、食事が制限されます(納豆など)。

僧帽弁置換術(機械弁)

僧帽弁形成術(生体弁)

僧帽弁形成術(人工弁)

このページの先頭へ戻る

お問い合わせ

平塚市民病院
〒254-0065
神奈川県平塚市南原1-19-1