ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平塚市民病院

災害拠点病院 地域医療支援病院 神奈川県がん診療連携指定病院

サイトマップ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

0463-32-00150463-32-0015(代表)〒254-0065 神奈川県平塚市南原1-19-1

診療科のご案内

泌尿器科

科医長
澤田 康弘

皆さまが知っている泌尿器科の疾患は何がありますか?
尿路結石、性病・・・でしょうか?男性だけのイメージでしょうか?
泌尿器科で扱う臓器は尿を作るところ(腎臓)、尿を送り出すところ(腎盂、尿管、膀胱、尿道)、男性生殖器(精巣、前立腺、陰茎)などがあり、これらが関係する疾患のほとんどが泌尿器科で扱う疾患です。尿に関する疾患は男性も女性も扱っております。

前立腺癌や膀胱癌に対する集学的治療、腎癌に対する腹腔鏡手術、尿失禁、骨盤臓器脱(メッシュ手術)などの女性泌尿器科疾患など、幅広く泌尿器科分野での診療を行っております。

診療方針

  • 泌尿器科全般を取り扱い、湘南西部地域の中核病院として手術療法を中心に診療にあたっており、腹腔鏡手術をはじめとする低侵襲治療を中心とした質の高い医療の提供をめざしております。
  • 悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術、女性泌尿器疾患などに特に力を入れており、高いレベルでの治療を日々の目標とし、地域との連携を取りながら日々努力しております。
  • 対象となる患者さまは、高齢者や小児が多く、常にわかりやすい説明と明るい対応を心がけております。
  • 当科の、ポリシーである患者さまのための医療を実践できるよう日々邁進していきたいと考えております。

診療内容

手術成績
術 式 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012
腹腔鏡下腎摘出術 11 7 8 12 4 9 12 16
腹腔鏡下腎部分切除術 2 5 3
腹腔鏡下副腎摘除術 1 2 4 2 1 3 7
腹腔鏡下腎尿管全摘除術 7 11 8 7 5 7 4
腹腔鏡下精索静脈瘤結紮術 1 1 1 1 1
腹腔鏡下仙骨膣固定術(LSC) 48 46 35 13 20 12 1
開腹腎摘除術 1 2 3 10 3
開腹腎部分切除術 2 1 6 1
開腹腎尿管全摘除術 1 1
根治的前立腺全摘出術 4 9 4 15 17 17 21 26
膀胱全摘出術および尿路変更術 9 13 3 6 10 7 10 7
腎尿管膀胱全摘手術および尿路変更術 1
骨盤内臓器全摘除 1 1 3 1
膀胱尿管逆流根治術 1 2
膀胱拡大術 1 1
尿膜管癌に対する膀胱部分切除 1
尿膜管遺残摘除術 1 2 1 4
TVM/TOT 2 6 16 51 20 18 29 22
前立腺針生検 106 112 125 85 100 95 155 227
HoLEP(ホルミウムレーザー前立腺核出術) 26 44 49 45 60 86 91 105
TUR-P(経尿道的前立腺切除術) 1 1 2 3 1 4
TUR-BT(経尿道的膀胱腫瘍切除術) 75 93 71 78 79 72 90 97
TUL(経尿道的尿路結石砕石術) 71 70 49 45 57 41 22 10
PNL(経皮的腎砕石術) 1
ECILS(TULとPNLの併用手術) 1 1
RP(逆行性腎盂尿管造影) 8 9 11 10 14 10 21 8
膀胱水圧拡張術 1 4 1 3
膀胱結石破砕術 13 6 9 11 9 3 9 5
尿管ステント挿入術 89 74 80 84 76 72 61 55
内尿道切開術 1 1 1 4 4 3 7 5
高位除睾術 4 5 4 4 4 4 2
精巣固定術 3 1 2 4 3 3 1
精巣破裂修復術 1 1 1
精巣捻転修復術 2 2 1 1
陰嚢水腫根治術 7 9 10 6 7 11 5 7
腎瘻造設術 5 3 3 5 9 10 16 13
膀胱瘻造設術 5 2 3 4 3 1 4 4
陰茎切除(陰茎腫瘍に対する) 2 1 1 1
包茎手術(背面切開) 1 1 1 3 1 1 2 1
包茎手術(環状切除) 6 2 5 1 3 4 1 6
尿道脱・カルンクル根治術 1 2 1 1 4
その他 4 12 28 8 25 23 10 16
合計 516 551 537 507 545 515 595 658
ESWL 11 38 39 33 31 55
合計(件) 516 551 548 545 584 548 626 713
腹腔鏡下手術 69 71 58 34 29 22 23 27
開腹手術 17 22 9 25 35 45 36 41
経尿道的手術 174 209 169 169 198 202 204 216

腹腔鏡手術
「腹腔鏡下手術」は聞いたことがある方も多くいらっしゃると思いますが、泌尿器科の領域でも腎臓癌に対する「腹腔鏡下腎摘除手術」や副腎腫瘍に対しての「腹腔鏡下副腎摘除術」は、標準的手術方法として広く普及しています。
当院でも2005年から腹腔鏡下手術を本格的に導入し、患者さんに負担の少ない手術治療に取り組んでいます。
腹腔鏡下手術とは、お腹に10mm程度の穴を4箇所程度開けて、カメラや手術器具をその穴から挿入し、モニターに映し出された映像下に行う手術です。カメラによる拡大視効果によって、繊細な操作が可能となることで従来の開腹手術よりも少ない出血量で手術が可能となります。
最近では最新の3D腹腔鏡手術システムを導入し、より正確で安全な手術が可能となっております。

女性泌尿器科
膀胱脱、子宮脱、膣断端脱などの骨盤臓器脱症例に対し、LSC手術(腹腔鏡下仙骨膣固定術)を施行しており、患者さんの状態に合わせて術式を決定しております。当院ではLSC手術が保険適応になって以降、特に力を入れており、神奈川県外からも広くご紹介をいただいております。術後には下垂感、違和感、排尿困難などが著明に改善され、湘南西部地域の中核病院として婦人科と連携しながら積極的に治療を進めております。

ホルミウムレーザー前立腺核出手術
HoLEP手術(ホルミウムレーザー前立腺腺腫核出術)は1500例を超えるに至っております。当院では、術後排尿が安定するまでを確認したうえで退院していただくことで、安心な治療を提供できると考え、3泊4日の入院手術を基本に治療を行っております。術前に正確な手術適応評価を行ったうえで手術を施行しております。

経尿道的手術
経尿道的手術とは、尿道から内視鏡を挿入し行う手術のことで、身体にはいっさい傷を作らず行えることが最大の特徴です。膀胱腫瘍、尿路結石、前立腺肥大症など様々な疾患に広くおこなわれており、当院でも毎年200件前後の経尿道的手術を行っております。
最近では最新の電気メスシステムを導入し、より精度の高い手術が可能となっております。

尿路結石
尿路結石については、軟性尿管鏡と硬性鏡を用いて治療を施行しております。また、腎盂鏡と組み合わせたECILS手術(Endoscopic combined intrarenal surgery)にて大きな結石に対しても一回の手術にて完全砕石、結石除去を目指しております。

スタッフ

科医長
H21年卒

澤田 康弘

(資格)
日本泌尿器科学会専門医
泌尿器内視鏡学会認定 泌尿器腹腔鏡技術認定医
緩和ケア研修会修了
難病指定医
Dhmanager
身体障害者福祉法第15条指定医(ぼうこう又は直腸機能障害)
医師
H25年卒

杉浦 崇浩

(資格)
緩和ケア研修会修了
臨時医師
 

徳永 正俊

(資格)
日本泌尿器科学会専門医・指導医
泌尿器内視鏡学会認定 泌尿器腹腔鏡技術認定医
臨時医師
H24年卒

辻 知英

(資格)
日本泌尿器科学会専門医
難病指定医
緩和ケア研修会修了
身体障害者福祉法第15条指定医(ぼうこう又は直腸機能障害)
臨時医師

武田 和真

(資格)