ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平塚市民病院

災害拠点病院 地域医療支援病院 神奈川県がん診療連携指定病院

サイトマップ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

0463-32-00150463-32-0015(代表)〒254-0065 神奈川県平塚市南原1-19-1

活動・取り組み

がん診療

当院のがん診療

当院では、がんの標準治療を行っております。5大がんについての説明は「独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター」によるがん情報にリンクしております。また、その他のがんについては目次からがん種を選んでご覧ください。

肺がん 国立がん研究センターの肺がんの情報へ 当院の肺がんの診療内容
(呼吸器外科)
胃がん 国立がん研究センターの胃がんの情報へ 当院の胃がんの診療内容
(外科)
大腸がん 国立がん研究センターの大腸がんの情報へ 当院の大腸がんの診療内容
(外科)
乳がん 国立がん研究センターの乳がんの情報へ 当院の乳がんの診療内容
(乳腺外科)
子宮がん 国立がん研究センターの子宮がんの情報へ 当院の子宮がんの診療内容
(産婦人科)
(上記は子宮けいがんホームページです。他の部位の子宮がんはその他のがんから検索してください)
その他のがん 国立がん研究センターのその他のがんの情報へ  

開業医様とのがん診療連携

当院では、事前に承諾をいただいた地域の開業医様と神奈川県立がんセンター監修の「神奈川県医療連携手帳」により、連携して医療を行うことを試行しております。担当医師からお話しがあるかと思いますのでご理解とご協力をお願いします。詳細については下記のリンクによる説明をご覧ください。

神奈川県立がんセンターサイト「神奈川県医療連携手帳」のページへ

院内のPDCAサイクルの確保

QOLの把握、評価等による組織的改善と実施状況の報告、広報体制の整備等を行います。

PLAN

当院では入院診療計画、退院支援計画書、看護計画によって、がん患者さんの入院時の計画を立てQOLの把握をします。

DO

それぞれの計画をもって入院時の治療、看護、退院調整をします。
多職種(医師、看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士、作業療法士、MSW等)による緩和ケアチームが必要に応じて緩和ケアを行い、毎週月曜日の午後には、精神腫瘍学の医師と精神科リエゾン領域専門看護師、毎週金曜日の午後には、緩和ケア外来を担当する医師と精神科リエゾン領域専門看護師が、心理面でサポートを必要とする患者さんを集中的に回診しています。

CHECK

困難ケースについて、「振り返りの会」等を活用して、地域で関わった医療従事者の多くの参加によって、振り返りを行っています。

振り返りの会: 神奈川県足柄上郡中井町にある一般財団法人ライフ・プランニング・センター ピースハウス病院(以下ピースハウス病院)と、平塚市民病院の間で継続的に2~3か月に1回、平塚市民病院で急性期医療を、ピースハウス病院で終末期医療を行い、亡くなった患者さんのQOLについての振り返りの会を行っています。

  • 第1回:平成25年10月12日(土)ピースハウス病院 実施済
  • 第2回:平成26年1月23日(木)平塚市民病院 実施済
  • 第3回:平成26年3月8日(土)ピースハウス病院 にて実施。
  • 第4回:平成26年6月5日(木) 平塚市民病院 実施済
  • 第5回:平成26年11月6日(木) 平塚市民病院 実施済

見える事例検討会:平塚地域の緩和ケアに関係する事業所が世話人となり、英国Think Buzan Ltd.の登録商標であるマインドマップを活用して、マインドマップの書き方の訓練を受けた人により、同じ患者さんに関わった多職種の参加者の意見をホワイトボードに書きつけ、それを参加者がシェアして課題解決を試みるものです。平成25年度に計4回行っています。世話人は医療法人社団三喜会鶴巻温泉病院、ピースハウス病院、平塚市民病院、医療法人救友会湘南真田クリニック、医療法人虹のかけはし昭和クリニック、つるかめ訪問看護ステーションとなっていて、持ち回りで開催しています。

  • 第1回:平成25年9月19日参加者 約60名 場所 鶴巻温泉病院 実施済
  • 第2回:平成25年11月21日参加者 約60名 場所 鶴巻温泉病院 実施済
  • 第3回:平成26年1月30日参加者 50名 場所 平塚市民病院 実施済
  • 第4回:平成26年3月6日(木)場所 平塚市民病院 にて実施
  • 第5回:平成26年5月8日(木) 参加者20名 場所 鶴巻温泉病院 実施済
  • 第6回:平成26年10月9日(木) 参加者34名 場所 平塚市民病院 実施済
  • 第7回:平成27年1月14日(水) 参加者17名 場所 鶴巻温泉病院 実施済
  • 第8回:平成27年2月19日(木) 参加者15名 場所 鶴巻温泉病院 実施済

湘南真田クリニックとのデスカンファレンス:市内の在宅療養支援診療所である医療法人救友会湘南真田クリニックが看取りを行った患者さんについて、市民病院の医師と関連する医療従事者とともに亡くなるまでのQOLを振り返るものです。
第1回:平成26年2月12日参加者12名 場所 平塚市民病院 実施済

ACTION

振り返りの会、見える事例検討会、湘南真田クリニックによるデスカンファレンスなどで出た意見をもとに、改善を参加者同士でシェアすると同時に、入院病棟などで多職種でシェアをしています。さらに、緩和ケアチームが全体サポートしています。

Adobe Readerダウンロード
Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)